クラウドソーシングのライティングの仕事の概要と稼ぎを高めるポイント

ネット副業にも色々なものがあります。
そんな中でも本業や家事を大切にしながら、空き時間を使って月に2~3万円でも稼げればと考えるサラリーマンや主婦には、クラウドソーシングでのライティングの仕事がお勧めです。

サラリーマンや家庭の主婦が副業を行う際には、資金が必要でなく、リスクもなく、仕事の自由度が高い事が条件として重要です。
この条件を満たし、多くの方が取り組めるものとしてクラウドソーシングでのライティングの仕事が最適なのです。
大手のクラウドソーシングのライティングの仕事には、仕事スタイルとしてプロジェクトとタスク方式があります。
プロジェクトは、比較的長期間に渡り一定のライティングの仕事を任されて継続的に行う方式で、仕事の募集に対して自分の実績等を訴求したり、テスト記事に応募して選定される事で得る事が出来るものです。
この仕事方式はタスク方式に比較して文字数当たりの単価が高くなりますが、実績等が少ないと中々選定されないのが実態でしょう。

従って、まずクラウドソーシングでライティングの仕事を始める場合には、タスク方式の仕事をこまめにこなして行く事から始めると良いでしょう。
この方式はでは、500字で100円程度の単価が標準で決して良い稼ぎとは言えないかも知れません。
しかし、それでも仕事を終えて帰宅後や休日にコツコツと書き続けると、月に2万円程度を稼ぐ事は決して難しくないと言えます。
ライティングと言っても、文才は必要なく、意味が適切に分かる文章が書ければ、却下される事は少なく、採用されるでしょう。
このタスク方式では、口コミ・解説記事・コラム・ブログなどのライティングの仕事や学術調査用のアンケートなどが募集されており、それを早い者勝ちで対応できると言う方式です。
自由度が高い点が最大の特徴で、まずはこのタスク方式から始めるのが一般的と言えます。

こうして採用される基準が理解できて来れば、稼ぎを増やす事も考えると良いでしょう。
その方法としては、タスク方式の仕事を手抜きする事無く、しっかりと真心こめて書く事が第一です。
こうして記事を書き続けていると、タスク方式の仕事を発注しているクライアントが良質なライターだと評価して、指名でタスク方式の仕事やプロジェクトの仕事に招待してくれる事が少なくありません。
こうして確保した仕事はタスク方式の2倍程度の単価となり、月間の稼ぎを押し上げてくれる事になります。
さらにクラウドソーシングによっては、自分で企画した記事やコラムを値付けして売り込める機能を持っているサイトがあります。
この方式を使い、自分の得意分野について、シリーズで10記事程度書けるものを1,000~1,500文字程度としてタイトルと内容をアップして積極的にクライアントを探す事も行いましょう。
この時に、文章に2~3枚の自分で撮影した関連写真を添付すれば、利用される確率がアップします。

タスク方式の仕事をメインとしつつ、そこにプロジェクトや自主企画のライティングの仕事を加える事が出来るようになれば、コンスタントに月に3万円は稼げるでしょう。
安全安心で、自由度の高いネット副業を希望される方には、こうした方法を駆使してクラウドソーシングのライティングの仕事で稼がれるのがお勧めです。