読者の共感を得られる記事を書こう!

読者の立場に立って記事を書こう!
アフィリエイトサイトを運営しながら、商品を宣伝する時は、商品に関する記事を書きます。宣伝している商品がいかに優れているか、いかにコンプレックスを解消するために役立つかなど、様々な記事を書き連ねていきます。その時に、「読者の立場に立つ」ことを大切にしてみましょう。自分が宣伝する商品を購入する人は、どのような人なのか想像してみることが大切になります。例えば薄毛解消効果が期待できる育毛剤を宣伝する時は、どのような人が、あなたの記事を読むか想像してみましょう。例えば「薄毛が原因で、モテないと感じている人」「薄毛によって周囲の人からバカにされていると感じている人」などが思い浮かぶかもしれません。このような立場の人が、どのような記事を読むと共感するかを想像し、記事を書いてみましょう。例えば、「私は長い間、薄毛が原因で彼女を作れていません」という内容の告白記事を書くといいかもしれません。育毛剤を購入したいと思っている人が、「私も同じだ」とアフィリエイターに対して、共感してくれるためです。また「私と同じように、薄毛さえ解決すれば、自信をもって活動できると感じている人は多いのではないでしょうか」などと、呼びかけるような文章を書くと、「そうなんだよ」と共感してくれるでしょう。そのうえで育毛剤を使った結果、髪が増えて、彼女ができた……という記事を書くと、「同じ立場の人に効果があるなら、私にも効果があるかも」と感じて、商品を購入してくれるかもしれません。

読者の共感を得られる記事を書こう!
例えば「海鮮の詰め合わせ」を宣伝したいと思っている時も、同じように欲しいと思っている人が共感できそうな文章を書きます。「スーパーで美味しそうな海鮮の詰め合わせを見つけて買って帰り、楽しみにしていたのに、食べてみたら、思ったよりもおいしくないということが良くありますよね?」などという文章にしてみましょう。「そうなんだよ」「私も同じような経験があるよ」と共感してくれる人が多くいるのではないでしょうか。そのうえで、「今回紹介する海鮮の詰め合わせは、期待以上のおいしさでした」と続けると、「だったら欲しい」「いつも買っているのとは違うなら買ってみよう」と思う読者が現れるかもしれません。商品を上手に宣伝するために、まず読者の共感を得られるような文章を書きましょう。そのために、読者の立場に立った記事を書くようにしましょう。宣伝する商品を欲しいと思う人は、日頃何を感じているか、記事を書く前にじっくり考えましょう。